ジャニーズの新しい取締役となった滝沢秀明さんが、現在かなり売り出しをしているジャニーズグループといえば、SnowManですよね。

その中でも、深澤辰哉さんはだれもが認めるルックスと期待値を持ったメンバーです。

今回はそんな深澤辰哉さんについての情報を詳しくまとめていきたいと思います。

 

>>>ジャニーズグッズ高価買取中
※ジャニーズWESTのDVD初回盤が4000円

 


深澤辰哉のピアス

イケメンなだけではなく私服もおしゃれと話題の深澤辰哉さん。

服はもちろんですが、ピアスなどの小物にも強いこだわりを持っています。

深澤辰哉さんが載っている雑誌の多くには、クロムハーツのピアスをつけた彼の写真が掲載されています。

例えば、“CHプラススタッドピアス”や“カーブドティアドロップピアス”などのピアスを着用されています。

クロムハーツといえば、ジャニーズをはじめとするさまざまなアイドルや芸能人たちが好んで選ぶアクセサリーブランドで、少しごつめのシルバーブラックのカラーが印象的ですよね。

顔立ちは柔らかく可愛らしさがある深澤辰哉さんですが、このクロムハーツのピアスをつけることで大人っぽさと強めの印象を持たせます。

強めのピアスをつけていますが、決して劣ることはなくハイブランドを使いこなしている感じがありますね。

深澤辰哉のメガネ

深澤辰哉さんは自身のライブやイベントなどでも時折、眼鏡をつけていることがあります。

このメガネ、大きな黒縁で非常に彼の可愛らしい顔に似合うのですが、実はダテではないのです。

深澤辰哉さんの視力についてはさまざまな情報があり、『左右0.1』だったり『どちらも0.02』だったり…

数字だけ見るとかなり差があるように見えますが、共通して言えることは“かなり目が悪い”ということですよね。

0.02にまでなってしまえば、視力検査の一番上すら見えていないということになります。

深澤辰哉さんのメガネが度入りということは間違いないでしょう。

では、メガネをしていない時の深澤辰哉さんは果たして周りが見えているのでしょうか?

メガネ姿を披露することは少なくありませんが、稀ではあります。

つけていない時の方が多い気がしますが、この時はコンタクトをつけているのでしょうか?

正確な情報はありませんが、カラーコンタクトでもない限り見た目で裸眼かコンタクトかを見分けることは難しいですよね。

視力が0.1だったとしても、裸眼であれば通常であれば道を歩くのですら気が引けてしまいます。

それが、コンサートやテレビ番組ともなれば立ち位置や動き、カンペなどを正確に見る必要がありますので目の悪い深澤辰哉さんが裸眼で挑んでるとは思い難いですよね。

おそらくコンタクトを使っているのだと思われます。

コンタクトで顔立ちがはっきりと見える深澤辰哉さんもいいですが、黒縁メガネで賢そうな印象があるメガネの深澤辰哉さんも捨てがたいですね!

 

 

深澤辰哉の私服

深澤辰哉さんは、ジャニーズのYouTubeチャンネルに出演した際にGUCCIのデニムジャケットを着用しています。

また、別の日にはLHPのパーカーを着用したりなど、こちらもハイブランド。

他にも違うブランドのパーカーやデニム、シャツなどを着用していますがデザインはユニークなものからシンプルなものまでさまざまあります。

1つのデザインにこだわりを持つというよりは、好きと思ったものを購入している印象ですね。

とはいえ、その全ての私服が似合い、そして着こなしている感じがあります。

この若さでGUCCIなどのハイブランドを着こなすとはさすが深澤辰哉さん…!

顔だけではなくスタイルも良いですので何を着ても似合うのですね。

深澤辰哉のアイテム着用姿はかっこいい!

深澤辰哉さんが番組に出演すると、たびたび話題になるのは私服を含めたアイテムについての注目度です。

上記で紹介したピアスや私服、ダテではないですが似合いすぎているメガネはもちろんですが、ほかにもNew eraのキャップやLOUIS VUITTONのネックレスなどはテレビに出演するたびにSNSなどですぐに話題となります。

さらに、真似をしたいという若い男性から、物によってはファンの女性までもが深澤辰哉さんのアクセサリーや服をネットで検索して通販サイトなどで探しているのです。

SnowManとしての活躍はもちろんですが、現在、深澤辰哉さんは若者たちのファッションリーダーともなっているのですね。

以上が現在大注目のアイドル・SnowManの深澤辰哉さんについてでした。

グループの中で活躍する彼ももちろん素敵でしたが、個人として見てのスタイルやファッションセンスなどもずば抜けてカッコ良かったですね!

今後もアイドルとしての活躍はもちろんのこと、モデルや広告としての深澤辰哉さんの活躍にも期待したいところですね。