シンガーソングライターとしてだけではなく俳優としても昨今、よくテレビなどで見かける機会が増えてきたRADWIMPSの野田洋次郎さん。

あれほど素敵な楽曲を手がけている野田洋次郎さんは、一体どのような方なのでしょうか?

ここでは、野田洋次郎さんのプロフィールとともに現在の交際相手や過去の恋愛遍歴などについても詳しくまとめていきたいと思います。

 


野田洋次郎の身長体重のプロフィール

名前:野田洋次郎

生年月日:1985年7月5日

職業:シンガーソングライター・俳優

血液型:A型

身長:180cm

体重:75キロ

人気ロックバンド『RADWIMPS』のボーカル兼ギターを担当しており、RADWIMPSの楽曲のほとんどは野田洋次郎さんが作詞作曲を手掛けているといいます。

最終学歴は慶應義塾大学を中退ということで、バンド活動などの理由もあって中退とはないっていますが学力もかなりのものだと考えられます。

野田洋次郎の身長はサバ読み?

プロフィールでも紹介をしましたが、野田洋次郎さんは公式サイトにて身長180cm、体重75キロとしています。

しかしこの身長、実はサバを読んでいるのではないかという噂が、ネット上で広がっているのです。

たしかに芸能人でテレビに出るとなると、一般男性よりもさらにイメージとしてイケメン高身長を印象付けたいところは誰でもあるでしょう。

180cmの芸能人といえば、福山雅治さんや岡田将生さん、藤木直人さんなんかも180cmと言われており、たしかに番組内で見かけると他の共演者と比べても頭が出ている印象がある方が揃っていますね。

では、野田洋次郎さんを他の共演者と比べているとどうでしょう?

野田洋次郎さんの場合、役者としての活動が多いわけではないので、比較しやすい画像も少ないのですが…

例えば野田洋次郎さんが出演した映画『トイレのエピタ』の記者会見で、松永大司さんと杉咲花さんに挟まれて立っている画像があります。

松永大司さんは身長184cm、杉咲花さんは152cmとされていますので、その2人と比べてみると…

野田洋次郎さんは帽子をかぶっているためはっきりとした高さがわかりにくいのですが、高身長の松永大司さんと比べるともう少し身長差があるように見えますね。

この写真で他の共演者と比較するに、野田洋次郎さんの身長は177cm前後ではないかと予想されます。

もちろん、画像からでの予測ですので前後する部分はありますが、身長のサバ読みをしていると言われるきっかけはあるようですね。

とはいえ、成人男性でも一番身長が伸びていた時から1〜2cmほど低くなるということはよくある話ですので、最後に測った身長が180cmだったという可能性もあります。

わざとサバを読んで高く公表していたという確証はありませんし、そもそも177cm前後という身長も予測ですので確証はありません。

 

 

野田洋次郎の歴代彼女!結婚はもうすぐ?

野田洋次郎さんには、過去に何人か交際していた女性がいます。

1人目はマキさんと呼ばれる一般女性です。

公式に発表されたわけではありませんがファンの中では有名な話で、マキさんを題材にして作られた楽曲もあるほどだと言われています。

2人目は臼田あさ美さん。

モデルや女優、CM出演などもしていた女性で、現在はOKAMOTO’Sのドラマーであるオカモトレイジさんとご結婚をされたとの報道がありました。

もともと臼田あさ美さんが野田洋次郎さんのファンだったといいますが、週刊誌にスクープされた半年後に破局をしてしまったといいます。

3人目は女優の吉高由里子さん。

2013年2月にスクープをされており、それでも熱愛が続いていたため順調かと思われましたが、2015年4月に破局報道が流れました。

さらには元AKB48の前田敦子さんや女優の長澤まさみさんとの交際も報じられましたが、これらについては疑惑というところで止まっているようですね。

このように、大物女優たちとの交際が噂されていた野田洋次郎さんですが、現在の交際相手については特に噂がないようです。

現在はバンド活動に専念といったところでしょうか?

野田洋次郎さんの結婚はもう少し先になりそうですね。

野田洋次郎の父親や母親の家族構成

野田洋次郎さんは東京都で生まれ、父と母、お兄さんとロッキーという名前の犬と一緒に暮らしていました。

父親はサラリーマン、母親はピアノの講師をしており、父の仕事の影響もあってか野田洋次郎さんは幼少期にアメリカのナッシュビルやロサンゼルスなどでの生活をしていた期間がありました。

10歳で日本に帰国してからは、親の都合などで海外に行くことはなくなったようです。

まとめ

以上が野田洋次郎さんのプロフィールと恋愛遍歴についてでした。

幼い頃の経験などもあり、独創性のある楽曲を作り上げられる才能を見出したのでしょうね。

今後も、野田洋次郎さんを中心とするRADWIMPSの活躍に期待が高まります。