SixTONESのメンバーである森本慎太郎くん。元Hey!Sey!JUMP!の森本龍太郎さんをお兄さんに持ち、そのコンサート後の食事の場でジャニーさんからお兄さんと間違われたことがきっかけで、ジャニーズ事務所に入所をしています。そんな慎太郎くんですが、子役として活躍していたのをご存知でしょうか。今日は、慎太郎くんの子役時代についてまとめてみました★


森本慎太郎が子役をやっていた内容

慎太郎くんは2006年10月から事務所に所属し、翌年にはジャニーズJr.のコンサートに初出演。お兄さんの龍太郎さんも所属していた「Tap Kids」というJr.内グループにも加入します!

その後は舞台の経験もしながらテレビドラマで子役として活躍していくことになりました。

慎太郎くんは、昔と今のギャップがあるとファンの間では有名で、【昔は相当可愛かった】と本人も自負してるくらい子役時代の可愛さの破壊力がすごいんです♪

みなさんも当時見ていたけど、慎太郎くんが出演していると知らず見ちゃっていたドラマなども多いのではないでしょうか。過去の出演ドラマを調べてみました↓↓↓↓

【森本慎太郎の過去出演ドラマ】※子役時代

慎太郎くんは、入所してすぐの「受験の神様」でドラマデビューをしています。

このドラマは山口達也さん主演で、主人公の息子役をお兄さんである龍太郎さん、その弟役を慎太郎さんが務め、デビュー作で本当の兄弟が兄弟役で出演を果たしています。

当時まだ9歳だった慎太郎くんですが、ドラマ出演時の映像を見てみると、今の男らしい雰囲気は想像できないくらいピュアで可愛らしい顔立ちをしていました♪

その頃からイケメンになるベースは出来てましたね☆その後は、「バッテリー」(2008)で中山優馬さん演じる巧(たくみ)の弟役として出演。病弱ながらも周りを癒してくれる存在として好演されています。「恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ」(2009)では、中山優馬さんと再共演し、「働くゴン!」(2009)では篠原涼子さん演じるキャリアウーマンの息子役を演じました。

その後、同年(2009)年には、昭和初期の山形県を舞台に、貧しくも懸命に生きる少年が愛犬と心を通わせながら成長していく様子を描いた映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」で映画初出演&初主演を果たします。“彼の澄んだ瞳が印象的で、その物語と慎太郎くんのピュアさがマッチしていた”と起用の理由を監督が述べていたそうです。

森本さん自身も“映画に出演できることがまず嬉しく、僕が主役に選ばれるとは思っていなかったのでびっくりしました。”と語っています。

映画撮影では、犬との共演シーンも多く、子犬にメロメロで夜に公園で一緒に走ったり、「ちぃー」と名付けてとても可愛がっていたそう。現在のボキャブラリー豊富な面白キャラとは相反して、ピュアで初々しいですよね♪

こんな可愛らしい時代があったなんて、現在のアクロバティック姿からは想像出来ませんが、今改めて過去作品など見てみたい気持ちになりました。

【まとめ】

子役として様々な苦悩も経験してきた森本慎太郎くんですが、2012年の「私立バカレア高校」での共演がきっかけでSixTONESが結成されることになり、ドラマに出るたび友達がいなくなると思っていたのが初めて対等な立場で話せる仲間、チームが出来たと語っています。

そんな素敵なグループに出会えた森本くんの今後の活躍が楽しみです。最近では「監察医 朝顔」にも出演していましたし、近々またドラマに出て欲しいなぁなんて期待しています♪