スマイリングシンデレラと呼ばれ、「しぶこ」のニックネームで親しまれる女子プロゴルファーの渋野日向子さん。

今回はそんな渋野日向子さんの気になる中学、高校時代についてチェックしてみました!

 

 


渋野日向子の中学時代はどんな子?

 

渋野日向子さんは8歳の頃からゴルフを始め、小学校のときはソフトボールにも熱中していました。

ドッジボールでは男子顔負けのボールを投げるなど、とても運動神経の良い子どもだったそうです。

中学は地元の岡山市立上道中学校に入学し、唯一の女子選手として軟式野球部に入っています。

ゴルフの練習場に通いながら、野球部も続けていましたが、中学一年生のときにゴルフの岡山県ジュニア選手権で優勝を果たします。

中学二年生のときに野球部の監督から「ゴルフ一本にしたほうがいいんじゃないか。」と言われ、ゴルフに専念することにしました。

その後、岡山県ジュニア選手権で三連覇を果たしています。

 

  

渋野日向子の高校時代や成績

渋野日向子さんは2014年にゴルフ部のある岡山県作陽高等学校に進学しています。

高校一年生のときに中国女子アマチュア選手権で優勝しました。

高校二年生のときには全国高等学校ゴルフ選手権大会の女子団体メンバーとして出場し、大里桃子選手がいた熊本国府高等学校を抑えて優勝に貢献しました。

高校三年生のときにはゴルフ部のキャプテンを務め、中国ジュニアで優勝しています。

さぞ高校時代はゴルフ漬けの毎日かと思いきや、ゴルフ部の監督の方針で体育祭や文化祭、修学旅行などの学校行事にはなるべく参加するようにしていたそうです。

しかもスポーツコースに進みながら、特待生になるほど学業は優秀だったそうです。

まさに文武両道の生徒だったのですね。

 

渋野日向子の大学には進学していない

渋野日向子さんは高校卒業後、大学へは進学していません。

もともとプロゴルファー志望で高校のゴルフ部に入部した渋野日向子さん。

しかし高校時代、個人では中国大会で成績を収めているものの、全国大会となると思うような成績が残せないことに悩んでいた時期もあったようです。

そんな自身の進路について迷っていたときにゴルフ部の監督に相談をし、

「お前が(プロの試験を)受けなくて誰が受けるんだ。」

と言われ、プロゴルファーを目指すことを決意します。

2017年に受けた一回目のプロテストは最終テストで不合格でしたが、翌年に再度挑戦し、見事に合格します!

  

渋野日向子の同級生は?

女子ゴルフ界は今、実力・人気ともに盛り上がりを見せていて、渋谷日向子さんを筆頭に「黄金世代」と呼ばれています。

「黄金世代」とは1998年度生まれのLPGA(日本女子プロゴルフ協会)所属の女子プロゴルファーのことを言うそうです。

この投稿をInstagramで見る

 

・ #lpgaアワード#日本女子プロゴルフ協会#lpga#女子ゴルフ#ゴルフ女子#ゴルフ#golf

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式(@jlpga_official)がシェアした投稿 –


 

高校生のアマチュア時代から活躍した新垣比菜さん、勝みなみさん、畑岡奈紗さんを筆頭に原英莉花さん、大里桃子さん、河本結さん、小祝さくらさん、淺井咲希さん、そして渋野日向子さんはプロ転向後に続々と勝利を挙げています。

 

こんなに優秀な人材がそろった理由には「黄金世代」がちょうど小学生の頃に宮里藍さんが活躍したことがあげられます。宮里選手に影響を受けてゴルフを始めた世代が育ってきたんですね。

若くてかわいくて実力もある「黄金世代」!これからもますます応援に力が入りますね。

 

渋野日向子の両親のサポートがスゴイ!姉妹などの家族についても

父親の経歴や職業

渋野日向子さんの父親の渋野悟さんは現在、岡山市水道局に勤務している公務員なんです。

そして、若い頃は投てきの選手だったそうです。

筑波大学出身で投てきの代表選手として国体2位まで進んだというので陸上競技ではかなりの実力があったようですね。

それだけでなく、モータースポーツをされていたこともあるということです。

モータースポーツにはお金がかかるので、父親の実家が裕福だったのかもしれないですね。

そして、陸上で頑張ってきたためか、娘の日向子さんの晴れ舞台である全英オープンでは毎日おにぎりを作ってくれたとか。

渋野日向子さんも父親のお手製のおにぎりをラウンド中に食べていたということです。

緊張しているときの家族のパワーは安心ですよね。

そういった家族のサポートもあって、プロ2年目にして数多くの退会で優勝できたのかもしれないですね。

 

母親の経歴や職業

母親のお名前は渋野伸子さんと言います。

現在は体操協会公認指導士の資格をとり、地元岡山の体操教室で働いているそうです。

 

そして、学生時代はと言うと、

父親と同じように筑波大学で陸上選手をやっていたスポーツ選手だったんです。

ご両親が陸上選手ということもあって、渋野日向子さんがゴルフが上手くなる理由もわかる気がしますね。

 

そした母親は陸上選手として、やり投げでインターハイ出場したこともあるくらいの実力を持っていたそうです。

ご両親揃って、かなりの成績を残してらっしゃいます。

 

ここまで聞けばピンと来る人もいると思いますが、両親の出会いのきっかけは、筑波大学の陸上部だったそうですよ!

 

やっぱり同じ学校で、同じ部活にいたら自然と仲良くなりますよね!!

 

そんな素敵なご両親のもとで育った渋野日向子さんは素晴らしい結果を残してくれたので、ご両親もうれしいでしょうね♪

姉は現在公務員

渋野日向子さんは3姉妹の真ん中で、お姉さんがいらっしゃいます。

そのお姉さんはとても頭が良いそうです。

地元岡山でトップクラスの進学校である岡山朝日高校を卒業しており、国公立大学を卒業し、現在公務員をされているようです。

お姉さんはゴルフで生計を立てられるということはなかったみたいですね。

妹もゴルフをやっていたけど・・・

妹の暉璃子(きりこ)もゴルフをやっていて、日向子さんよりも飛距離があるのだそうです。

それなら、妹もプロになるのかなと思いましたが、妹は高校卒業したらゴルフをやめてしまうようです。

 

高校はお姉さんと同じように名門・岡山朝日高校に通っているので勉強の方に集中されるようです。

 

才能的に姉の日向子さんの方があると感じてしまったのかもしれないですね。

妹はゴルフ以外の道に進まれるようです。

渋野日向子の実家は大豪邸?お金持ちなの?

実は渋野日向子さんのご実家はかなりの豪邸だと言われています。

どれくらいの豪邸かと言うと、

築年数120年の歴史のある大豪邸なんだとか。

 

すごいですよね。

築120年と言ったら太平洋戦争より前に建てられてるってことですよね。

ざっと計算しても1900年に建てられた建物というわけですから。

 

実際にどんな建物なのか言うとこんな感じです。

 

 

かなり古いのはわかりますが、大きそうですね。

しかも庭も大きく、手入れが行き届いていますね。

お金をかけないとここまできれいにできませんよね?

 

そして土地は100坪ほどあり、小さい頃にはソフトボールの練習をしたと言われるくらいの大きな土地のようです。

 

うらやましいとしか言えないですね。

そんな広い土地もあれば、ゴルフの練習もできそうですね!!

渋野日向子の今後に期待!

現在、世界的に感染の広がりを見せている新型コロナウィルスの影響で、世界中のプロゴルフツアーが延期となっています。

渋野日向子さんは今年、五輪代表を目標としていましたが、東京オリンピックも来年夏に延期が決定しました。

メンタルの強さが勝利の要因とも言われている渋野日向子さん。

この窮地を乗り越え、五輪へのきっぷを手にしてほしいですね。

 

 

 

渋野日向子が太った!ぽっちゃり体型の画像や体重もチェック!