ジャニーズWEST重岡大毅の出身校や出身地情報を徹底解説!当時のエピソードを含めた学生時代に迫ります!

重岡さんがなぜセンターなのか、キンプリに嫉妬していること等、情報満載でお伝えしています。

  


重岡大毅の大学の最終学歴

重岡さんは大学に進学しましたが中退の噂がありますので、

最終学歴は高校卒業と思われます。

2011年に大学に進学し、2014年にCDデビューをしていますので、大学と仕事の両立が難しかったことがわかります。

メンバーカラーは赤色でセンターになることが多いです。

高校は2008年に『兵庫県立川西北陵高等学校』に入学し、2011年に卒業しています。

 

最近は主に演技仕事で活躍されていて、2019年度は4月・7月・10月・1月クール全てに出演しています!

  • 【2019年4月放送『ストロベリーナイト・サーガ』】
  • 【2019年7月放送『これは経費で落ちません!』】
  • 【2019年10月放送『死役所』】
  • 【2020年1月放送『知らなくていいコト』】

重岡さんのことをジャニーズとは知らず、俳優としてお茶の間に認識されている可能性も高いですね。

役の幅も広く、2016年11月公開の溺れるナイフでは、金髪で荒々しい主演の菅田将暉さんとは対称的に太陽のような田舎の少年を見事演じきりました。

撮影当時23歳でしたが、純粋無垢な中学生役が見事にはまっていたから驚きです。

2020年1月放送の『知らなくていいコト』では、婚約者の秘密を知り婚約を破棄、その秘密を週刊誌にばらすクズっぷりを名演しました。

柄本佑さんから殴られ、鼻血を出しながら叫ぶシーンはとてもジャニーズに見えませんでした。

 

そこらへんにいそうなのにどうしてセンターで赤色なのか?

ジャニーズはキラキラ輝く王子様や恋愛ものの役が花形にみえますが、重岡さんは演じる役も素のキャラクターも王道ではありません。

なにせコンサートでケラケラ笑いながら「リア充爆発しろ!」と発言をしたこともあります。

しかし、アイドルとしてのプロ意識は非常に高く、デビュー前にはファンにこんなことを言っています。

「僕、捧げてきたんで、ジャニーズに。人生も、青春っていう青春も全部。」

ジャニーズは恋愛禁止ではありませんが、もちろんファンに知られれば人気は下がるでしょう。

ダンスも歌もとびきりできるわけではありませんでしたが、親しみやすく努力家でファン想い。

そして、そこらへんにいそうなのに手が届かなくて顔がちょっと良い。

そんな人柄も含めて疑似恋愛の対象となり人気になったのでしょう。

アイドルはいつの時代だって完璧である必要は無く、ファンが応援したいと思う不完全な「余白」が必要不可欠なことを再認識させられました。

歯が綺麗なこともプロ意識の高さがうかがえますね。

一時期、他番組の収録が重なって『ザ・少年倶楽部』の収録を欠席していた際、ユーモアを持って欠席の理由は「歯医者」ということになっていました。

 

 重岡大毅の出身中学校

出身中学は川西市立東谷中学校です。部活はテニス部でした。

ジャニーズ事務所に入所したのは2006年、中学2年生の時で、友人が履歴書を送るということで一緒に応募し、結果として重岡さんだけ合格しました。

雑誌初登場の写真は緊張しているのか表情が固く、垢抜けていませんね。

 

重岡さんはダンス未経験でジャニーズ事務所に入所しているため、関西ジャニーズJr.として活動し始めたばかりの頃はよく怒られていたそう。

ダンスを上達するために、家の雨戸にゴミ袋を貼って、鏡代わりにして努力を重ねました。

重岡大毅の卒アル

重岡さんが、ジャニーズ事務所へ入所したきっかけは、友人とのノリだったそうで、実際、一緒に応募した友人は落選し、重岡さんだけが合格しました。

当時の卒業アルバムの写真を見ると、かなりのイケメンであったので、重岡さんだけが合格するのも納得できます。

重岡大毅は英語とピアノの実力がすごい?


英語が話せるジャニーズWESTのメンバーといえば、中間淳太さんや、小瀧望さんのイメージが強いですが、中間さんが、英語ができるメンバーとして、重岡さんの名前を挙げていたことから、意外にも実力があるようです。

そんな重岡さんの勉強方法は、毎日英語の音声を聞き、独学で勉強しているようですよ。

 重岡さんと言えば、英語だけではなく、ピアノの腕前が話題になっています。「ごめんね青春!」のメイキング映像で、ピアノを弾く重岡さんの姿が映っていました。

小さいころから習っていたわけではなく、ドラマ用に勉強し、その後、コンサートなどでもよく披露されています。

 

後輩のキンプリに嫉妬?!

2020年1月に放送された『行列のできる法律相談所』に出演した際、後輩グループのKing&Princeとの待遇の違いをぼやいていました。

ジャニーズWESTは2020年東京ドームでの初めての単独コンサートの実施を発表する程人気です。

しかし、重岡さん曰く、

  • 「キンプリは大人(関係者)の数が違う。キンプリが動いたらゴソッと動くんですわ。」
  • 「衣装の分厚さが違う」
  • 「俺らが伸びた人気の倍、キンプリは伸びとんねん」

と番組でぼやき、笑いを誘っていました。

確かに、キンプリは2018年にCDデビューをし、勢いはすごいですがジャニーズWESTも人気です。

後輩の人気を笑いに変えるところは、さすがの関西魂と言えるでしょう。

 

 

庶民的な感覚を大事にしている、近所のお兄ちゃん的なアイドルはそうそういません。

隙間産業を素でいくキャラクターと高い演技力を武器に、プロ意識の高いアイドル重岡大毅さんの今後の活躍が楽しみですね!