King&Prince平野紫耀の出身校や出身地情報を徹底解説!当時のエピソードを含めた学生時代に迫ります!

イケメンの平野紫耀さんのことをもっと知りたいですね。

そこで、

  • 高校や大学名
  • 転校する前の学校
  • 学生時代のエピソード

といったところを中心にまとめていきます。

中学時代はヤンキーのような風貌だったことやジャニーズ入所前に芸能活動をしていたこと、Jr時代のエピソードなど、情報満載でお伝えしています。

 

 


平野紫耀の最終学歴・出身高校

平野紫耀さんは大学に進学していないため、最終学歴は高校卒業です。

2012年4月に飛鳥未来高等学校・普通科へ入学し、2015年3月に卒業しています。

そして、高校入学とほぼ同じタイミングで平野さんは関西ジャニーズJrとしてジャニーズ事務所に入所をしています。

一般的なジャニーズ事務所への入所方法は履歴書での応募ですが、平野さんは通っていたダンススクールの先生とジャニーさんが知り合いということがきっかけで入所しています。

ジャニーズ事務所に入所するボリュームゾーンの年代は、小学校高学年から中学2年生ですので少し遅めの入所となりますが、地元の名古屋で培ったダンススキルを武器にすぐに頭角を現します。

初めてのお披露目仕事は2012年にあったSexy Zoneのコンサートです。

「名古屋からきてくれた平野紫耀!」とSexy Zoneの中島健人さんから紹介をしてもらい登場する予定が、Sexy Zoneの曲を知らなかったため出とちり。

ジャニーさんからはこっぴどく叱られたそうですが、中島さんは「入所したばかりなのに紹介されるなんてジャニーさんのお気に入りなんだ」と察し、注意できなかったそう。

その後、平野さんは関西ジャニーズJr.として松竹座行われている仕事を中心に実力をつけていきます。

 

2014年の頃から東京の仕事に呼ばれることが増え、シアタークリエでの春のコンサートに出演。

そして、2014年の秋にはKis-My-Ft2の玉森裕太さんが座長を務めた「DREAM BOYS」に出演し、そこで髙橋海人さん(King&Prince)と関西ジャニーズJrとして一緒に活動していた永瀬廉さん(King&Prince)と一緒にユニットを組むことになりました。

これがKing&Princeの前身であるMr.KING(平野・永瀬・髙橋3人によるユニット)ができるきっかけでした。

高校2年の終わりにあたる2014年1月には、ドラマ『SHARK』でドラマ初主演を務め、同年6月7日公開の映画『忍ジャニ参上!未来への戦い』で銀幕デビューをしています。

『SHARK』は平野さんの他にも、ジャニーズWESTの藤井流星さん・神山智洋さん・濵田崇裕さんや、2019年にCDデビューしたSixTONESの松村北斗さん、Snow Manの岩本照さんが出演していました。全員平野さんより先輩です。

今でこそ共演者含めて全員CDデビューをしましたが、当時は藤井流星さん・神山智洋さん・濵田崇裕さんの3人以外のメンバーで関西ジャニーズJr.からのCDデビューが発表されてしまうくらいでしたので、ファンからみても平野さんはスター街道まっしぐらだったのではないでしょうか。

仕事を定期的にもらえず不安になって進学するジャニーズJrは多いですが、平野さんは仕事量も多かったため大学進学せずに専念することを決めたのでしょう。

 

 

平野紫耀の出身中学校

平野紫耀さんは2009年4月に名古屋市立大森中学校へ入学し、2012年3月に卒業しています。

ヤンキーっぽい風貌ですが、やはりジャニーズというべきか。格好いいですね。

紫耀という名前からつなぎを紫にしたのでしょう。

この出で立ちと格好良さを兼ね備えながらも、運動神経が良く天然キャラで性格も明るいとなると、相当モテたことが想像できますね。

名古屋であればKis-My-Ft2の千賀健永さんのように東京組の道もありましたが、東京は舞台に立つことが多いため、ダンスを極めることを目的に活動場所を関西に決めたそう。

天然キャラなので人生設計なんて何も考えていないと思っていましたが、しっかりと将来を見据えていたことがわかります。

 

ちなみに、平野さんはファンから「天然キャラ作るのそろそろ止めて」と言われ、悩むこともあったそうですが、ジャニーズに入所した当初から今まで一貫して天然発言がみられます。

『まいど!ジャーニィ〜』に出演した際は、エイプリルフールのことを「エリンギプール」と間違えたり、『モニタリング』のドッキリ企画で超能力がある男の子と会話した際には、電気スタンドに向かって本来、「点け!」と言わなければいけないところで「飛べ!」と叫ぶなど、周りを驚かす天然な言い間違いが多くあります。

また、King&Princeのメンバーから「紫耀(の天然発言は)はいつもこんな感じ」というお墨付きもあり、作られた天然ではないと思われます。

 

 

平野紫耀はボイメン時代をなぜ語らない?

平野さんは2010年に東海地方出身者のご当地アイドル『BOYS AND MEN(略してボイメン)』に所属していましたが、2011年に脱退しています。

この頃の写真がジャニーズとして残っていないのが本当に悔やまれるくらい、かわいらしいですね。

ジャニーズ事務所に移籍した今、ボイメンの話をするとトラブルになることを懸念して、平野さんはボイメン時代のことに触れたがらないのかもしれません。

平野紫耀はジャニーズ入所前にドラマに出ていた!

中学3年生に当たる2011年7月22日放送のNHKドラマ『中学生日記』で平野さんは生徒役でドラマ初出演を果たしています

ジャニーズ事務所の風間俊介さんも一緒に出演していたのですが、平野さんは当時まだジャニーズ事務所には所属していませんでした。

ドラマ出演後間もなく2012年2月に平野紫耀さんはジャニーズ事務所に入所しているため、風間さんと接する中でジャニーズに興味を持った可能性もありますね。

ちなみに、撮影場所は名古屋市の日比津中学校と汐路中学校でしたので、地元で生徒役を募集していたと思われます。

 

 

平野紫耀の出身小学校

2003年4月に小学校へ入学し、2009年3月に卒業しています。

出身小学校は明らかになっていませんが、大森中学校の学区と出身地である大森から以下の2校のうちのいずれかに通っていたと考えられます。

・名古屋市立大森小学校

・名古屋市立大森北小学校

 平野紫耀は小学生の時にも芸能活動をしていた!

小学校1年生でからダンスを習い、芸能事務所『セントラルジャパン』に所属していたので、愛知県の塾の広告やスーパーのチラシにも出ていました。

平野紫耀さんは小学生時代モテたようで、2018年12月5日放送の『スカッとジャパン』にゲスト出演した際、小学4年生のときに64個ものチョコレートをもらったと語っていました。

ダンススクールに通っており、明るいキャラクターなので人気者だったことがうかがえますね。

ちなみに、64個のチョコレートはフライパンに乗せて火にかけて溶かし、1つの大きなチョコレートにして冷蔵庫に保存していたんだそう。

はちゃめちゃなエピソードなので真意は語っていませんが、平野さんは大真面目に1つの大きなチョコレートにして保存したかったのでしょうね。

また、学校の階段を何段も飛ばして降りて骨を折ったこともあり、怪我が絶えない子供だったそうです。

平野紫耀の出身保育園

平野さんの出身保育園がどこなのかは明らかにされていませんが、2003年3月に卒園していると思われます。

 

 

 平野紫耀の保育園児コスプレ

リアルな保育園時代の話ではありませんが、2018年1月『ジャニーズ Happy New Year アイランド』でMr.Kingの保育園児コントがかわいくて非常に評判でした。

意外にも、平野さんはいじめられっ子でおとなしい役柄でした。(永瀬さんがインテリ役、髙橋さんがガキ大将役でした。)

 

 

ここまで平野さんの学生時代や天然エピソードを紹介してきましたが、意外にもKing&Princeのメンバーと一緒にいるときは突っ込み役を担うことが多いです。

また、コンサートではダイナミックなダンスや、一人ひとりファンの顔をみてファンサービスをする優しいところも魅力です。バラエティでみせる姿とのギャップで平野さんにはまってしまう人が続出しているのでしょうね。

今後のKing&Princeとしての活躍、そして個人としても映画やドラマ、バラエティ番組の活躍に期待大です!